No Web Service No Life

クラウドソーシングサービス「ランサーズ」のプロデューサーです。Webサービスや構成要素(UIや技術)について書いています。

テーブルシェアが面白い


最近、テーブルシェアというサービスにハマっています。
元々は幹事向けの食事会セッティングサービスのようですが、知らない人と知り合えるサービスとして価値があると思って使っています。
f:id:kkino0927:20130707183955p:plain

いいところ

全体的に、ゆるーく設定できる点に惹かれています。

公開されている食事会に誰でも参加できる

食事会毎にテーマがあり、既に参加表明している人たちのFacebookアカウントが見れるので、面白そう!と思ったら参加ボタンを押しています。
f:id:kkino0927:20130707183948p:plain

誰でもお店を追加できて、投票で選べる

ホストがお店を設定することもできますし、後から参加表明した人が追加することもできます。
f:id:kkino0927:20130707183953p:plain

誰でも日程を追加できて、参加可能日を各々が選択できる

みんなの予定調整が把握しやすくてナイスです。
f:id:kkino0927:20130707183951p:plain

参加者が複数人

コーヒーミーティングと違って複数人なので、ドタキャン時の影響や盛り上がらなかった時の気まずさが軽減できそうです。

KPI

以下の3つが大事かと思いますが、食事会が開催されることが重要なので、参加表明数がキモになってくるのかもしれません。会員数は言わずもがなですね。
参加者が集まらなかったり、日程が合わないと開催されないので、食事会投稿数よりも、開催率に寄与する指標が大事かと。

  • 会員数
  • 食事会開催数
    • 食事会投稿数×開催率
  • 参加数
    • 参加表明数×参加率

今後

食事会投稿時、参加表明時にFacebook投稿ができると拡散しやすくて良いと思います。
また、未ログイン時でも食事会を見れるようにすることによって、会員登録CVRが上がると思います。
マネタイズとしては、レストランと提携→食事会開催場所としてプッシュ→実際の利用料に応じてフィーをもらう OR 月額でレストランから徴収する、などが思いつきます。

最近食事会数が増えてきているので、今後の盛り上がりが楽しみです。

広告を非表示にする

最新のWebサービス・スマホアプリの情報が毎日メールで受信できるキュレーションサービス『Service Safari』を運営しています。
エンジニアを募集していますので、ご興味のある方はFacebookやTwitterからご連絡ください。