読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No Web Service No Life

クラウドソーシングサービス「ランサーズ」のプロデューサーです。Webサービスや構成要素(UIや技術)について書いています。

New RelicとHipChatの通知連携方法


先日HipChatを導入してから、他ツールとの連携の幅広さに虜になっています。
Jenkinsとの連携に引き続き、New Relicとも通知連携をしてみました。

HipChat側での設定

Jenkinsの時と同様、HipChatではトークンを生成するだけです。
ここからトークン生成できます。

New Relic側での設定

Account settings > Integrations > Alerting notifications のページに遷移し、HipChatと書かれたタブを選択。生成したトークンを貼り付け、ルーム名を設定するだけです。Room ID or nameのフォームにフォーカスすると、HipChatのルーム一覧ページへのリンクが出るUIがイケています。

f:id:kkino0927:20131020165536p:plain



Jenkinsと違って、テスト投稿をしてくれるのでうまく設定できているか確認できます。

f:id:kkino0927:20131020165644p:plain

New Relic側もHipChatを意識して作らているので、Jenkinsに比べて設定がとても楽でした!

Google Appsとも連携できるらしい。次はこれやってみます。

広告を非表示にする

最新のWebサービス・スマホアプリの情報が毎日メールで受信できるキュレーションサービス『Service Safari』を運営しています。
エンジニアを募集していますので、ご興味のある方はFacebookやTwitterからご連絡ください。