No Web Service No Life

メルカリUS/UK版のPM。ブロダクトマネジメント・インターネットについて

【ベトナム4日目】ミーソン遺跡ツアー&ビーチ

最新のアプリ・Webサービスを紹介するサービスサファリを運営しています。

指差し会話ベトナム語

4日目の今日は、ミーソン遺跡ツアーに参加しました!
ホイアンでは、いたるところでミーソン遺跡ツアーに申し込めて、前日でも特に問題ありませんでした。
ツアー会社が主催だけども、各ホテルで申し込めるようになっています。
料金は一人7$で、時間帯によって2パターンの日程がありました。
僕らは、明け方5時に出発して昼頃戻ってくる方を選択。
もう一つは、8時ごろ出発して昼過ぎに戻ってくるパターンだったと思います。

5時にツアー会社の人が徒歩で迎えにきて、近くに色々なホテルから来た人が集められました。
するとバスがやってきて、それに乗り込みミーソン遺跡へ向かいます。
途中、カフェに立ち寄り、用意されていたサンドウィッチとコーヒーを飲み、ペットボトルの水をもらいました。
朝飯がつくとか聞いてなかったからラッキーだったけど、もし既に食べてたらショックでしたね。
このあたりは、ツアーに申し込む際に確認するといいと思います。

その後、1時間程走るとミーソン遺跡の入り口に到着しました。
途中悪路などはなく、移動はそれほど苦痛ではありませんでした。

ミーソン遺跡は、2〜7世紀にベトナム中部から南部にかけて栄えたチャンパ王国の建造物郡のひとつ。
他の現存する建造物に比べ、チャンパ最盛期の建造物として歴史的価値が高いそう。
遺跡は、A〜Gのグループに分かれており、まずAでガイドからミーソン遺跡の説明を受けました。
英語でよくわからなかったけど。w
説明中、一緒にツアー参加して欧米人はみんな自由で写真撮ったり、勝手に観てまわったりしてた。
日本人だったらみんなおとなしくガイドの言うこと聞くんだろうなぁとか思いながら自分も勝手に行動してた。
Aゾーンでの説明後は勝手にまわって、何分後に出口来てねって感じで解散になりました。
そんな広くないんだけど、道がよくわからなくて、みんな軽く迷ってました。

無事にみんなが揃い、ホイアンに向けて再度バスで移動開始。
このツアーには、20人くらい参加してたけど、日本人は僕らともう一人女性。
後は韓国人か日本人かわからないけど東洋人カップルがいました。

ホテル到着後、夕方の飛行機まで時間があったので、ビーチに行きました!
ベトナムと聞いてビーチを思い浮かべる人は少ないかもしれません。
しかし、白い砂浜で青い澄んだ海がタクシーで15分くらいの近場にあるのです。
ハワイやグアムと比べて人が少なく、ゆったりビーチを堪能できると思います。
海岸沿いには、食堂や売店があり、水着もその場で買うことができます。
実際、彼女はその場で水着を購入してましたが、十分日本でも着れるものだと言ってました。
僕らはやってませんが、ジェットスキーなども借りれるみたいでした。
ベトナム中部の海は、これから観光開発が進み、一気にリゾートとしての地位を確立するかもしれません。

2時間ほど海でゆっくりした後は、ホテルでピックアップしてもらい、ダナンの空港へ向かいました。
ダナンからホーチミンへの移動、今回はベトナム航空を利用しました。
値段はLCCであるJetStarと大差ないですが、サービスの質もよく満足いくフライトでした。

ホーチミン到着後は、安宿街べダム通りに予約した宿までタクシーで移動。
そんなこんなで遺跡にビーチに充実した4日目終了!
明日は最終日、ホーチミンを満喫します!

広告を非表示にする

最新のWebサービス・スマホアプリの情報が毎日メールで受信できるキュレーションサービス『Service Safari』を運営しています。
エンジニアを募集していますので、ご興味のある方はFacebookやTwitterからご連絡ください。