No Web Service No Life

メルカリUS/UK版のPM。ブロダクトマネジメント・インターネットについて

みんなが『Cu-hacker』を使えばビジネスマンの1日は本当に30分増えそう

最新のアプリ・Webサービスを紹介するサービスサファリを運営しています。

f:id:kkino0927:20140406132025p:plain
大好きなWebサービスを紹介するシリーズです。
今回は、スケジュール調整サービス『Cu-hacker(クウハッカー)』です。
以前から利用させて頂いていたのですが、先日代表の秋貞さんにお会いし、色々とお話をお伺いできたのでご紹介させて頂きます。

Cu-hackerとは

Googleカレンダーと同期して、スケジュール調整をマウス操作のみで素早く実現できるサービスです。

よくアポ調整をする人にとって、これまで感じていた不便さを全て解消してくれる、痒いところに手が届くサービス設計になっています。

Cu-hackerが解決する課題

調整さんでも同じことは実現できるのですが、自分のスケジュールを確認して、空いている時間を入力していくのが大変でした。

また、メールで調整する場合は、空いている時間をテキストに起こしていくのですが、そもそも書き起こすのが面倒ですし、曜日や日付を間違えることもしばしば発生します。

Cu-hackerは、カレンダー上の時間帯をポチポチ選んでいくと、そのテキストを自動で起こしてくれるので、前述した課題を解決してくれます。

さらに、相手もCu-hackerを利用していれば、専用のURLから日程候補を選択してもらうことができ、選択された日程以外の候補は、自動的にリリースされます。
※細かい使い方やメリット等はこちらに詳しくまとまっています。

細かいユーザビリティへの配慮

この基本機能だけでもかなり便利なのですが、その先のきめ細かい気配りにUXへのこだわりを感じます。

  • デフォルトでテキストが選択状態になっており、コピーボタンでコピーすることができる

f:id:kkino0927:20140406131955p:plain

  • 自分のカレンダーに仮登録ができ、そのタイトルに「仮」が元々付与されている

f:id:kkino0927:20140406132005p:plain

今後の展開

「ビジネスマンの1日を30分増やす」という目標の実現に向け、今後はスケジュール調整だけでなく、ビジネスマンを幅広くフォローしていくサービス展開を考えられているようです。

代表の秋貞さんはプロダクトへのこだわりが強く、多くのWebサービスやアプリを実際にいじったり、ユーザへのヒアリングを自ら実施したりしています。
このあたりに、細かいけれどもUXの向上に寄与する作り込みが生まれているのだと思いました。見習いたいです。

調整相手もCu-hackerユーザであると更に価値が上がるサービスなので、みんなが使ってくれるようになると、本当にビジネスマンの時間が1日30分増える気がします!

広告を非表示にする

最新のWebサービス・スマホアプリの情報が毎日メールで受信できるキュレーションサービス『Service Safari』を運営しています。
エンジニアを募集していますので、ご興味のある方はFacebookやTwitterからご連絡ください。